ホーム

誰でも大勢の前でスピーチをしたり、学校や会社で発言する時に緊張したり不安な気持ちになった事があると思います。

これらは何度も経験する事によって慣れたり、大人になるにつれて治まっていくものです。
しかし、大人になっても一向に慣れず、
顔が赤くなったり
汗をかいたり
震える等
強い症状がでる場合は社交不安障害(しゃこうふあんしょうがい)という病気かも知れません。

プレゼンする男女

社交不安障害と聞いてもピンと来ない方も多いと思いますが、対人恐怖症と言えば分かりやすいと思います。
一時は社会不安障害と呼ばれていましたが、2008年に日本精神神経学会によって社交不安障害(SAD)と呼ばれるようになりました。

当サイトでは分かりやすいように対人恐怖症と表記しています。