対人恐怖症になる4つの原因

ネガティブの文字

実は対人恐怖症の原因についてハッキリとわかっていません。
有力なのは『セロトニン』という脳内物質の減少が関係しているという説です。
ではなぜセロトニンが減少するのかというと、いくつかの要因が考えられます。

遺伝が原因

血縁者が全員健康な人の場合は自分が発症する確率は5%ですが、血縁者に全般型の恐怖症を発症した人がいる場合は自分が発症する確率が16%に上がったという研究があります。
また、双子の場合は2人とも発症する確率が二卵性よりも一卵性の方が高いという報告もあります。

恐怖症になる確率5%恐怖症になる確率16%

このような事から遺伝による影響もあると思われますが、他の原因のほうが影響が大きいと考えられています。

性格が原因

対人恐怖症になりやすい人は

  • 人見知り
  • 感受性が強い
  • 自分に自信がない
  • 神経質
  • まじめ
  • 頑固
  • プライドが高い
  • 失敗した事をいつまでもクヨクヨ考える
  • 完璧主義
  • 悪く思われたくないので自分の意見を押し殺してでも周りに合わせる

などの傾向があります。

失敗する事を恥と考えるので
「授業で積極的に発言する」
「会社で自分から提案する」
事などが少なく、成功した経験があまり無いのでいつまで経っても自分に自信が持てません。

以上の性格に当てはまるからと言って必ず発症するわけではありません。

環境が原因

親に対人恐怖症の傾向がある場合、人前など不安や恐怖を感じる場面を避けるので一緒にいる子供もそういう場面を避ける事になります。
本来なら色々な経験をして少しずつ対処法を学びますが、そういう経験をする機会が少ないので人前に出ると対処法がわからず不安を感じるようになる可能性があります。

また、子供の頃に「なぜこんな事もできないのか」などと親に厳しくしつけられた場合、自分に自信が持てない性格になる場合があるので発症する原因になることがあります。

小言を言う母親

トラウマになる体験が原因

「授業で漢字を読み間違えてみんなに笑われてしまった」
「運動会など大勢が見ている前で失敗してしまった」
など嫌な記憶になるような恥をかいたり失敗をすると、同じ思いをしたくないので似たような状況を避けるようになります。

黒板に答えを書く子供

また、嫌な記憶を何度も思い出して、どんどん自信を無くしたり自分を責めたりします。
このような体験がきっかけで対人恐怖症になることがあります。


こちらの記事でサプリメントをいくつか紹介しています。↓

対人恐怖症かも!?と思った人が飲むべきサプリメント