恐怖を感じる場面と症状

顔を覆う女性

対人恐怖症といっても不安や恐怖の対象は様々です。
しかし根本はどれも同じで「人前で失敗する事や恥をかくことを過剰に恐れる」という事です。

ただ単に「心配」や「緊張」とは違い「恐怖」を感じます。

恐怖の対象と様々な症状

スピーチ恐怖・吃音恐怖人前で話をする際に声が震えたり、どもったりしてうまく話せずに不安や恐怖を感じる。
吃音症(吃音恐怖)と改善法
赤面恐怖人前に出ると顔が赤くなる。また、赤面の症状がでるのではと不安や恐怖を感じる。
赤面症(赤面恐怖症)とは ~4つの対処法と5つの克服法~
対人恐怖他人と会うことを過剰に意識したり緊張する。
視線恐怖他人に見られていると思うと緊張し行動しづらくなる。
他者視線恐怖症とは - 2つの改善法と3つの対処法
自己視線恐怖「視線恐怖」とは逆で自分の視線が相手に不快感を与えていると考えてしまう。
会食恐怖・嘔吐恐怖人前で食事をすると緊張して食べられなくなる。また、緊張によって嘔吐するのではと不安を感じる。
会食恐怖症(外食恐怖)と克服法
電話恐怖話を聞かれていると思うと人前で電話に出られない。
発汗恐怖人前に出ると緊張と不安から大量に汗をかく。
振戦恐怖物を運ぶ時などに手元を人に見られていると思うと手や足が震える。
振戦恐怖症とは ~対人恐怖症が原因のふるえ~
書痙(しょけい)受付や学校の黒板などで字を書く時に、人に見られていると思うと手が震える。
書痙(しょけい)とは ~簡単に出来る改善法~
排尿恐怖人が近くにいると排尿ができない。男性に多い。
自己臭恐怖自分の体臭や口臭が強いと思い込み、他人に迷惑をかけていると不安に感じる。
腹鳴恐怖人前でお腹が鳴るのではと過度に不安を感じたり、常に胃に何かを入れていないと不安になる。

三つのタイプに分類される

限局型「スピーチをする時だけ」、「電話を取る時だけ」など特定の場面でだけ不安を感じたり緊張する
非全般型
二つ以上の様々な場面で不安を感じたり緊張する
全般型学校や会社などで常に不安や緊張を感じる

こちらの記事でサプリメントをいくつか紹介しています。↓

対人恐怖症かも!?と思った人が飲むべきサプリメント