赤面症(赤面恐怖症)とは ~4つの対処法と5つの克服法~

照れる女性

恥ずかしい事があったり緊張する場面で顔や耳が赤くなる症状に悩んでいませんか?

  • 赤面している自分は変に思われているに違いない
  • 赤面していると思うとますます赤くなる
  • 人前に出る事を避けるようになった

このような事があればあなたは赤面症(赤面恐怖症)かも知れません。

赤面症とは

赤面症は対人恐怖症(社交不安障害)の症状の1つと考えられています。

赤面する事が赤面症ではありません。恥ずかしい場面で顔や耳が赤くなるのは当たり前の反応です。
赤面症の人は普通の人が何とも思わない様な状況でも赤面してしまいます。
また、顔や耳が赤くなる事で「人から変に思われているかも・嫌われているかも」と思い込んでしまいます。
さらには赤面することを苦痛に感じたり日常生活に悪影響が出るようになります。
こうなると治療が必要な『赤面症』と言えます。

赤面症の原因

『こころ』『からだ』の2つの原因があると考えられます。

こころ

赤面症になる人は対人恐怖症になる4つの原因でも書いたように

  • 人見知り
  • 感受性が強い
  • 自分に自信がない
  • 神経質
  • まじめ
  • 頑固

などの性格の人が多く周りの目を気にしすぎる傾向にあります。
このような性格の人が「顔が赤くなった事を笑われた、からかわれた」などがキッカケで発症する場合が多いようです。

からだ

人間には自分で意識しなくても呼吸をしたり、体温を調整する為に汗をかいたりする『自律神経』というものがあります。

自律神経には
緊張している時に働く『交感神経』
リラックスしている時に働く『副交感神経』
の2つがあります。

赤面症の人は何らかの理由で自律神経が乱れて交感神経と副交感神経のバランスが崩れています。
これによって緊張している時に働く交感神経が優位となり、すぐに心臓がドキドキしたり血圧が上がってしまいます。

顔が赤くなるのは熱を下げる為に毛細血管が拡張しているからと言われていますが医学的な原因はわかっていません。

赤面症が悪化すると人前に出ることを避ける様になり日常生活に支障が出る様になります。
そうならない為にも軽度の内に改善・克服していくことが必要です。

赤面症を克服できれば厚化粧をする必要がなくなりますし、マスクで顔を隠す必要も無くなります。

一時的な対処法

赤面症は心の問題が大きいので改善するには時間が掛かりますが、一時的でも症状を抑えたい時には以下の事を試してみて下さい。

日焼け

色が白いと赤面しているのが目立つので『日焼けをして目立たなくさせる』という単純な方法です。
日焼けによる皮膚のダメージが気になる方はセルフタンニングという方法もあります。

セルフタンニングとはローションやクリームを塗るだけで肌の角質層を小麦色に変色させることです。
紫外線によるダメージが無いのでシミやそばかすの心配はありません。



ツボを押す

赤面症に効果があると思われるツボが3つあります。

だん中(ちゅう)
効果 精神的なストレスによる動悸を抑える
場所 左右の乳首を結んだ線の真ん中あたり。

だん中

耳の神門(しんもん)
効果 自律神経を整える、ストレスを和らげるなど
場所 耳の上の方にあるY字型の軟骨にあります。

耳の神門

神門(しんもん)
効果 精神を落ち着かせる
場所 手のひらと手首の間にある横ジワの小指側にあるくぼみ

神門

薬・サプリ

赤面症の人は人前など緊張する場面で「赤面したらどうしよう」と不安や恐怖を感じます。
抗不安薬や抗うつ薬を飲めば不安感が軽減して赤面の症状が出なくなる可能性があります。
他にもセロトニン対策サプリメントも有効かも知れません。

セロトニンについてはセロトニンが不足する原因をご覧ください。

腹式呼吸

赤面症の原因の1つは自律神経の乱れです。
自律神経を整えるのには腹式呼吸が有効です。

なぜ腹式呼吸が有効かと言うと腹式呼吸をすることによって動く横隔膜に自律神経は集まっています。
リラックスしている時に働く副交感神経はゆっくりと息を吐く時に優位になります。
腹式呼吸によって深くゆっくりとした呼吸をすればリラックスした状態になり自律神経のバランスが整うというわけです。

腹式呼吸のやり方
お腹を膨らませながら鼻から息を吸い、お腹をしぼませながら口からゆっくりと息を吐きます。
コレを1分から10分ほど繰り返しましょう。

赤面症の克服法

根本的に克服するためには心と体の問題を解決する必要があります。

自己暗示

自己暗示とは自分が安心・リラックスできるキーワードを決め、赤面しそうになると心の中でそのキーワードを思い浮かべます。
こうして自分に暗示をかけることで克服する治療法で心理療法でも取り入れられています。

赤面症の人は「赤面したらどうしよう」「赤面しないようにしなくては」といつも考えてしまいます。
これでは自分から赤面する方に意識が向かってしまいます。

キーワードは今まで人に言われて嬉しかった言葉などが良いと思います。
例えば「かわいいね」「やさしいね」「頑張ってるね」など。

キーワードを思い浮かべる時はこの言葉を言われた時の状況も頭に思い浮かべましょう。
するとその言葉を言われた時と同じような気持ちになり、心が落ち着いた状態になるはずです。

森田療法

「赤面したらどうしよう」「変だと思われたらどうしよう」と考えるよりも、一旦は赤面症の自分を受け入れます。
そして『今やるべき事』に集中している内に、いつの間にか症状が気にならなくなるという考えの治療法です。

逆説志向

赤面症の症状を自分から発生させることによって改善していこうという治療法です。
例えば「やばい!顔が赤くなってきた」と思うのではなく「もっと赤くなってみんなを笑わせてやろう」と開き直り、症状を笑い飛ばそうという考え方です。

鍼治療・漢方薬

鍼治療によって自律神経を調整して赤面症を改善します。
さらに半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)などの漢方薬を併用する事でさらなる効果を期待できます。

胸部交感神経遮断手術

わきから小さい穴を開けて交感神経を遮断する手術です。
手術は10~30分ほどで終わり、キズも数ミリ程度で術後3~4時間で退院できます。
費用は保険適用の3割負担で8~9万円ほどです。

ただし、代償性発汗という副作用が100%出ます。
胸や背中、太ももなどから過剰に汗をかきます。
また、この手術を行っている病院自体が少なく赤面症の治療法としてはあまりオススメ出来ません。

まとめ

対処法

  • 日焼け
  • ツボを押す
  • 薬・サプリ
  • 腹式呼吸

克服法

  • 自己暗示
  • 森田療法
  • 逆説志向
  • 鍼治療・漢方薬
  • 胸部交感神経遮断手術

人によって合う合わないがあるので色々ためして自分に合う方法を探しましょう。


こちらの記事でサプリメントをいくつか紹介しています。↓

対人恐怖症かも!?と思った人が飲むべきサプリメント